インテリアをおしゃれにするために

インテリアをおしゃれにしようと思ったら、まず、どういう雰囲気にしたいか、決めることがとても大事です。おしゃれといってもいろいろあります。



モダンでクールな感じ、爽やかな感じ、落ち着いたクラシックな感じ、ロマンティックな感じ、などなど、自分の好みのテイストをきちんと絞りましょう。

その上で、色使いの基本について知っておくと、インテリアの雰囲気をまとめやすくなります。

ガジェット通信に関してとにかく簡単に調べられます。

開放感のある、ひろびろとした感じにしたいのであれば、白に近い明るい色を基調にしましょう。ただしあまり真っ白だと、眩しくなりすぎますので、やわらかいオフホワイトやアイボリー、ごく薄いグレイなどがよいでしょう。
逆に、開放感というよりはむしろこぢんまりした居心地のよさを求めたい場合は、やや濃いめの色を基調にするといいでしょう。特に暖色系の色はその効果が強くなります。一般的に暖色系は部屋をより狭く、寒色系は部屋をより広く感じさせます。


また、インテリアに使うものを似通った色でまとめると、落ち着いた感じになります。


逆に、かなり違った色を組み合わせると、個性的でポップな感じになります。
あまり色数を多く使うと印象がばらばらになってしまいがちなので気をつけましょう。



一般的に色数は少なめにした方がおしゃれな雰囲気が出しやすくなります。


また、複数の色を使う場合は、色の明度(明るさ)や彩度(あざやかさ)をそろえるようにしましょう。
たとえば、くすんだ色が多い中にあざやかな色のものが混じっていたりするとちぐはぐな感じになってしまいます。